ポンプの水没性と適切なアプリケーションとは何ですか?

投稿日:2020年3月25日

流体制御工学では、耐雨性ポンプは、市場のさまざまな商業目的および産業目的で使用される特定のタイプのポンプです。ポンプ設計は、流体力学、材料力学、高度な物理学、および他の多くの専門科学を含む芸術です。送液に関しても、ポンプとバルブは作業分野の労働者にとって重要なユニットです。ただし、ポンプは多くの段階でバルブとは異なります。通常、ポンプは、液体などの流体状態の物質を機械的作用によって移動させる機器です。

伝統的な眺め

従来、ポンプは、対象となる材料を移動するために利用されるポンプ方法に基づいて、3つの主要なタイプに分類できます。上記のように、3つのカテゴリは、対象の物質を送達するために使用されるポンプ方式に基づいています。3つのタイプすべてについて、流体の移動方法によって決定され、産業開発の初期段階で人々が発明したリフト、変位、直接重力の方法があります。つまり、ポンプには3つのタイプがあり、1つは直接揚水ポンプであり、もう1つは容量ポンプであり、最後は重力ポンプです。ポンプは通常、往復または回転メカニズムのいずれかで動作し、これらはすべてエネルギーを使用して、対象となる流体材料を動かす機械的作業を実行します。

一方、機械式ポンプは、ポンプで汲み上げる流体に沈むことも、流体の外部に配置することもできます。メカニズムは少し異なる場合がありますが、流動的な移行のアイデアは、業界のユーザーと顧客にとって懸念事項です。

さらに、ポンプは、容積式ポンプ、パルスポンプ、スピードポンプ、重力ポンプ、蒸気ポンプ、低圧ポンプへの切り替え方法によって分類できます。これらの分類は、ユーザーがユースケースを処理するためにポンプのタイプを選択するかどうかを決定するのに役立ちます。さらに、ポンプには主に2つのタイプ、すなわち容積式ポンプと遠心ポンプがあります。一般に、ポンプは、人力、電気、エンジン、または他の風力源または他のバリエーションの手動操作など、多くのエネルギー源およびエネルギー源を介して動作することができます。

持続可能な流体制御技術

今日、エネルギー源は、顕微鏡から医療用途、大型の産業用ポンプ、水道まで、または通常のサイズの産業用ポンプから冷凍工作機械の出荷まで、さまざまなサイズのさまざまな器具です。工業用ポンプは、従来の井戸からのポンプ、水槽の精製所、プールのろ過、自動車産業における水冷と燃料噴射、エネルギー産業における油と天然ガスのポンプ輸送、または冷却塔の運用など、さまざまなアプリケーションで機能します。環境にやさしいエネルギー源と持続可能な管理により、ポンプとバルブの計画は、より環境に配慮した方法で行われ、より良いエネルギー使用モデルに向けて消費者を助ける必要があります。将来的には、グリーンエネルギーのトレンドが世界的なコンセンサスとなっており、ポンプやその他の産業機械に関係なく、産業用電源の増加が見込まれています。簡単に言えば、持続可能な資源の供給があれば、業界のユーザーと商業活動は長期的にそれを行うことができます。

詳細を表示